初めての海外通販|レビトラ

レビトラの効果や副作用・服用の注意点を理解して服用しよう

レビトラとは、バイアグラに続いて世界で2番目に開発されたED治療薬です。
ドイツのバイエル社が開発・製造を行い、日本においては2004年から販売が開始されています。
勃起を促すためのPED5阻害薬にはバルデナフィルを含有しており、最高血中濃度に到達しやすい性質、つまり水に溶けやすい成分なため他のED治療薬と比べても早く効果が見られるのが特徴です。
発現時間は服用から平均30分~1時間ですが、早い人は15分程度で効果が見られると言います。
食後の服用も可能とはしていますが、空腹時に服用したほうが高い効果が期待できるでしょう。
ただ、とても効果的な医薬品ではありますが、正しい用法用量を守って服薬しなくては健康被害も免れないので注意しましょう。
レビトラの副作用には次のような症状が報告されています。
顔のほてり、頭痛、目の充血、鼻づまり、動悸などです。
ED治療薬は本来、狭心症の薬として開発された経緯もあって循環器に作用する医薬品ですので、これらの副作用はED治療薬を服薬した患者さんに多く見られている一般的な副作用です。
そのため、間違った服薬をしていない限りは過剰に心配する必要はないでしょう。
ただ体質的に稀にひどい副作用を感じる方もいるため、その際は服薬を停止することが大切です。
また、併用禁忌薬もあるので、特定疾患の患者さんには服用がおすすめできません。
レビトラはクリニックを受診して処方してもらうのが日本で購入する場合の正規ルートになりますが、保険適用外になるため、クリニックで処方してもらうと診察代も含めて1錠あたりが高額になってしまいます。
そこでネットのレビトラ通販を活用するという方法もあります。
レビトラ通販は、個人輸入代行業者を活用して海外から購入をする方法です。
個人輸入とはいっても、消費者はレビトラ通販を行っている代行業者のホームページから商品を購入するだけですの手間はありません。
毎回、医師の処方してもらうのは大変ですので、一度診察を受けて問題がないようならレビトラ通販を利用するといいでしょう。